ページの先頭へ
メールでのお問い合わせ|24時間受付中!!
LINE@での簡単お見積り

お気軽にご相談下さい(問合せ・見積依頼・通話無料)

ホーム > 過去の放送一覧 > 外壁塗装の塗り替えるにはふさわしい時期とは?

外壁塗装の塗り替えるにはふさわしい時期とは?

H30ラジオ2月放送分_03

早稲田さん:こんにちは、早稲田裕美子です。

この番組では鹿児島市にあります塗装リフォームでお馴染み西谷工業の代表でひげちゃんこと、西谷誠社長が皆さんからのお住まいに関するご質問に答えしています。

ということで、ひげちゃんです。

 

西谷:はい、よろしくお願いします。

 

早稲田さん:お願いします。寒いですね。

 

西谷:めちゃめちゃ寒いですね。

 

早稲田さん:もうなんか、氷の中にいるみたい。すごい冷えますよね。

 

西谷:現場も大変だと思いますね。今。

 

早稲田さん:そうですね。
作業なさる方も本当にご苦労の多い時期だと思いますが、寒い時期というのは、塗装の塗り替えにはふさわしいんでしょうか。

 

西谷:そうですね。
寒い時期っていうよりもやっぱりこうやって冷たくて、なんかこう気候が悪いときですね、そういうときの塗装っていうのは、はっきり言ってNOとは言いませんけども、品質の面であまりおすすめではないですね。ちゃんとその雨が降ってる、雪が降ってるところを外してもらってやる分にはいいですけど、実際問題、私が家を塗るとしたら、こんな時期にはあまりしたくないですね。

 

早稲田さん:塗料とかそういうものにも影響がでるんですか?

 

西谷:そうですね。
仮に朝から天気良くて、ずーっと塗ってました。
3時くらいから冬場って日が暮れてきますよね。
どんどんどんどん寒くなってきちゃって、しまいには夜は夜露が降りたり、先週みたいに雪が降っちゃったりすると、塗料が本当に乾かないうちに、半熟卵みたいになっちゃうみたいな話になってくるんで。

 

早稲田さん:良くない。

 

西谷:そうですね。
食べる分には僕、好きですからいいですけど。

 

早稲田さん:そうですよね。
家はそれじゃあ、よくないですよね。

 

西谷:表面だけが乾いちゃって中が乾いてないっていう話になってくると、夏場になったときに高温になりますよね、そのときにぽろぽろぽろって剥げてくるっていう話になるんですね。
だから、品質を守りたい、品質を良くしたい、長持ちさせたいと思うんだったら、できるだけこの時期は良くないんで、避けたほうがいいかなって思いますね。

 

早稲田さん:はい、わかりました。
まあ、どの時期も台風だったり、いろいろ天候っていうのは悩まされますけどね。

 

西谷:鹿児島、灰が降りますけど、鹿児島の灰はあまり影響ないですからね。
それだけは皆さん、よく灰の降る時期は?って言われるんですけど、もう1年中灰降っちゃいますんで、鹿児島で施工できなくなっちゃいます。灰は全く問題ないからね、ちゃんと洗えば問題ないんで。

 

早稲田さん:あまりに寒い時期の塗装はご用心ということで今回のお話でございました。

 

西谷:そうですね。じっくりする分にはいいですけどね。

 

早稲田さん:はい。今週もありがとうございました。

 

西谷:はい、ありがとうございました。

親方ひげちゃんお住まい教室に質問してみよう!