ページの先頭へ
メールでのお問い合わせ|24時間受付中!!
LINE@での簡単お見積り

お気軽にご相談下さい(問合せ・見積依頼・通話無料)

ホーム > 過去の放送一覧 > ひげちゃんのお鬚について語ります

ひげちゃんのお鬚について語ります

H30ラジオ4月放送分_02

早稲田さん:こんにちは。早稲田裕美子です。

この番組では鹿児島市にあります塗装リフォームでおなじみ西谷工業の代表でひげちゃんこと、西谷誠社長が皆さんからのお住まいに関するご質問にお答えしています。ということで、ひげちゃんです。

 

西谷:はい、よろしくお願いしまーす。

 

早稲田さん:そんな番組なんですが、前回、3月23日に還暦を迎えたひげちゃんのいろんな話ちょっと伺えて、引き続きその話からいきたいんですけれども、髭は最初から?

 

西谷:あの、髭はちょっとエピソードもあってですね。

 

僕が21で仕事始めたころにやっぱりあの姶良町の、僕は最初下請けで姶良町のお客さんに行ったんですけど、屋根の塗装だったんだよね。

 

2階の足場のこう屋根の線上際におったんですけど、終わって帰るときに「兄さんよう、若いからちょっとなんか貫禄出したほうがいいよ」ってその方に言われて、帰りに女房とトラックで、女房助手席に乗せて、おーなんか言われたね、なんかしなきゃいかんねってことで、「俺ができること何がある?」って言ったら「髭」。

 

髭つけてちょっと年上に見られるしかないねっていうところあるね。

 

それとですねあと1番はあの、どうしてもその親父が出てくるんですけど、親父がやっぱり結構有名人で、立派な仕事をして、めちゃくちゃ強面なんです。

柔道もやってて強いし。ねえもう敵わないっていうようなもういわゆる青年団では上のほうで、まあ強面も強面、僕が言って強面ですからね。

 

早稲田さん:相当だったんでしょうね。

 

西谷:その中で、でもうとにかくもう言葉はあんまり発しないほうがいいかなと。

目でものを言うみたいな。「オイ」みたいな感じで。で、お盆と正月帰りますよね。

髭生やしてるわけですから、必ず剃って帰りよったんですよ。

 

早稲田さん:お父さんの前では?

 

西谷:前では。なぜかというと、最初生やしていった時に「お前は100年早い」ってぶん殴られたんで。

「なに髭生やしてんだ、お前は」って。で、もうそれからちょっと、もうこれやめろっていうことで、お盆と正月だけいつも髭を剃って帰って、綺麗にして帰る。

 

早稲田さん:正月髭みたいな。

 

西谷:そうそう。

 

早稲田さん:正月ビンタじゃなくて、正月髭みたいな。

 

西谷:正月くらいはないみたいなですね。

 

それじゃないともう親父が怒りよったですからね。まあ親父はある意味そういう意味で言いよったんでしょうが僕も詳しく話したわけじゃないんで、もう「お前が髭なんか生やすの100年早い」言うてですね。

 

まあそれがそのはずだと思います。うちの親父は絶対怒るやろうなと思ったら、案の定怒りましたけんね。

 

早稲田さん:ま、それぐらい中身をね、まだまだ修行しなさいよっていう

 

西谷:ま、そうですね、ちゃんと仕事するならちゃんとしろという話で、格好だけじゃないぞという話でしょう。

 

早稲田さん:そんなひげちゃんですが、これからも60歳を過ぎましてもまだまだ。

 

西谷:もう0歳からのスタートですからね。

 

早稲田さん:はい。頑張ってください。

 

西谷:はい。ありがとうございます。

 

早稲田さん:ありがとうございました。

親方ひげちゃんお住まい教室に質問してみよう!